banner

banner

Blog

2017.02.10 4:12

外付けハードディスクのバックアップと復元方法

サイドビジネスとして、ロト、ナンバーズ、競馬の予想新聞を作成し、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスなどのコンビニエンスストアのマルチコピー機で販売しております。

 

ロゴ

 

 

 

banner_ai-keiba

 

 

 

 

人工知能アルゴリズムを用いて24時間機械学習させているのですが、本日、機械学習用に外付け接続していたハードディスクが壊れていしまいました。

 

しかし、こんなときでも、バックアップさせておきさえすれば、大丈夫!

バックアップ用の外付けハードディスクを接続したうえで、

Windows10では、[設定]→[更新とセキュリティ]→[バックアップ]で、ファイルのバックアップを自動的に実行を[オン]にしておき、バックアップ先に接続したハードディスクドライブを指定しておきます。

 

さて、私の場合、バックアップ用ハードディスクとは別に、機械学習用のハードディスク(F:)を接続しているのですが、[その他のオプション]→[フォルダーの追加]で、F:を追加できます。

 

バックアップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、壊れたときのファイルの復元方法ですが、[設定]→[更新とセキュリティ]→[バックアップ]→[[バックアップと復元]に移動(Windows7)]から実行できます。

開いたウインドウの右下、[ファイル履歴]をクリック。

 

バックアップ2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、[個人用ファイルの復元]をクリック。

 

 

バックアップ3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、バックアップしたF:ドライブはどこにあるかと言うと、アドレス入力欄にF:と入力することで、出てきます。あとは、復元するファイルもしくはフォルダを選択して、下にある緑色の丸いボタンを押すだけです。

 

ファイルの復元

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、おかげで、大事に至らずにすみました。

みなさんも、バックアップの設定を忘れずに実施しておいてください。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
考える力をみがく、パソコン家庭教師
https://paso-com-tutor.com
TEL:070-5564-5948
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

▼ ホームページ カテゴリーメニュー ▼
[ホーム][プロフィール][コンセプト]

[ご利用案内][お問い合わせ][フェイスブック]

[お知らせ][ブログ][ギャラリー]

関連記事

川崎のパソコン教室の講師がアルゴリズムや人工知能技術を使った実証実験結果をご紹介しています

川崎で小さなお子様にも人気の考える力をみがく、パソコン家庭教師のブログでは、プログラミング技術の1つであるアルゴリズムや人工知能の技術を使って、身近にある宝クジや株式などの予想結果などをご紹介しています。
当パソコン教室を運営する講師は人の心理と知能に興味があり、人工知能の研究開発にも取り組んでおります。当教室では高度なプログラミング技術にもチャレンジできますので、ブログをご覧になってご興味持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
お子様向けのマウスで楽しく学べるスクラッチプログラミング教室も開催しており、人工知能の開発が益々進んでいくと予想される将来に役立つスキルを小さなうちから身に着けられますので、お気軽に川崎の当パソコン教室までお問い合わせください。