banner

banner

Blog

2017.11.11 4:13

ロボットプログラミングとスクラッチプログラミングの違い

ロボットプログラミングとスクラッチプログラミングを分ける必要はないのですが、

どちらから習わせようか迷っている親御さんも多いと思いますので、

あえてその違いを述べてみます。

 

ロボットプログラミングとスクラッチプログラミングの差は、

子供の発想をより表現できるのはどちらか、ということです。

 

ロボットプログラミングは、入力、すなわちセンサーの種類によって、表現が限られてしまいます。

一方、スクラッチプログラミングは、入力は作成したスプライト、変数の数だけ得ることができ、

センサーの数とは比べられないほどの表現ができるということです。

 

話が前後してしまいますが、プログラムとは、入力に対する出力の処理のことですので、

プログラミングの複雑さ、プログラミングの表現力は、入力の数に比例していると言えます。

 

人が面白味を感じるのは、こうなって欲しいと思ったことが、その通りになることです。

そういう意味では、こうなって欲しいと発想しやすいのは、スクラッチプログラミングの方で、

ロボットプログラミングの方が、発想が制限されてしまいます。

 

スクラッチプログラミングは、こうなって欲しいと発想しやすいですが、

それを実現するのが簡単かどうかは、プログラミングのスキルに寄ります。

実現するのが難し過ぎてあきらめてしまう子もいるでしょう。

ディスプレイ画面の中であれば、スクラッチプログラミングで、大抵のことは実現できます。

しかし、それはあくまでもディスプレイ画面の中だけのこと、

現実の物理世界で表現は、ロボットプログラミングに任せるしかないのです。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
考える力をみがく、パソコン家庭教師
https://paso-com-tutor.com
TEL:070-5564-5948
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

▼ ホームページ カテゴリーメニュー ▼
[ホーム] [プロフィール] [コンセプト]

[ご利用案内] [お問い合わせ] [フェイスブック]

[お知らせ] [ブログ] [ギャラリー]

関連記事

川崎のパソコン教室の講師がアルゴリズムや人工知能技術を使った実証実験結果をご紹介しています

川崎で小さなお子様にも人気の考える力をみがく、パソコン家庭教師のブログでは、プログラミング技術の1つであるアルゴリズムや人工知能の技術を使って、身近にある宝クジや株式などの予想結果などをご紹介しています。
当パソコン教室を運営する講師は人の心理と知能に興味があり、人工知能の研究開発にも取り組んでおります。当教室では高度なプログラミング技術にもチャレンジできますので、ブログをご覧になってご興味持たれた方はお気軽にお問い合わせください。
お子様向けのマウスで楽しく学べるスクラッチプログラミング教室も開催しており、人工知能の開発が益々進んでいくと予想される将来に役立つスキルを小さなうちから身に着けられますので、お気軽に川崎の当パソコン教室までお問い合わせください。