BLOG

e-tax 標準ブラウザは、Internet Explorer…どこにある?

2020/02/07
ロゴ

確定申告の季節ですが、確定申告、済まされましたか?

私は、確定申告が必要になってからずっと、e-taxで電子申告しております。しかしながら、サラリーマン時代は、確定申告の意味もよくわからない状態でしたので、サラリーマンの多くの方がそうではないかと思います。確定申告について知りたければ、インターネットで簡単に知ることができる世の中になりましたので、興味を持たれた方は、調べて見ると良いと思います。知りたいときに知るのが最も効果的です。

 

確定申告で何がうれしいかというと、源泉徴収された(事前に支払った)税金が確定申告によって、返ってくる(還付される)ことがあるということです。いつの間に税金が引かれているの!?と思った方は、給与明細を見た方が良いです。前年度の給与所得から税率計算されて事前に税金を支払っているのです。その事前に支払った税金が、確定申告によって場合によっては還付されるというわけですね。たとえば、その年、療養に費用が増えたなどの場合、所得からその分の所得は無かったもの(所得控除)され、決められた割合で算出された税額以上に税金を納めていた場合、その分の税金が還付される仕組みです。

 

さて、私は昨日、確定申告を済ませたところですが、Microsoft Edgeがe-taxに対応しているとなっていたにも関わらず、最後の最後、データ送信のときにうまくいかず、仕方なく、Internet Explorerで実施したら、うまくいきました。

 

Windows10になってから、標準ブラウザは、Microsoft Edge で、Internet Explorerは、どこかへ身をひそめてしまいました。どこにいったかというと、左下[ウィンドウマーク(旧スタート)]を押してメニューを出し、[Windowsアクセサリ]→[Internet Explorer]にあります。左下[ウィンドウマーク(旧スタート)]の右にあるテキスト入力ボックスに、Internet Explorerと入力しても出てきますね。

 

もう滅多に使わなくなったInternet Explorerですが、今回、e-taxで使用しましたので、ご報告しました。確定申告は、e-taxであっと言う間です。お早めに。ちなみに、サラリーマンの方の多くは、会社の年末調整で源泉徴収された税金が戻って来たり、戻ってこなかったりです。