BLOG

プログラミング×画像生成 2020/6/4 今日の迷路(自作プログラムによる自動生成)

2020/06/04

川崎市でプログラミング教室を主宰している、考える力をみがく、パソコン家庭教師です。AI、人工知能が生活に欠かせない時代になってきています。Scratchを使って、迷路を自動で作るプログラムを作りました。パズルを解くようなプログラムのことをソルバーと言います。例えば、迷路を解くプログラムそのものは意味は無いかもしれませんが、プログラムを作る過程で人間がどのように解いているのか、コンピューターに解かせるのとどう違うのかを知る機会になります。アプリを使うだけでなく、ぜひ作って見てください。

 

迷路自動生成実行動画はこちらです。

 

ゲームに挑戦!「できるだけ遠回り」
矢印キーで動かします。
一歩ごとに1点ですが、同じところを通ると2点マイナスです。
リンゴとバナナとタコスは50点、さらに壁が1回壊せるようになります。
スペースキーか緑の丸ボタンで壁を壊せます。
zキーか星をタップすることで、ワープホールが作れます。もう一度、zキーか星をタップすることで、その場所に戻ることができます。ワープ回数の制限はありません。
できるだけ高い点数になるように家に帰ってください。

No Maze, No Life.
Good Mind, Good Behavior.

#迷路 #maze #puzzle #人工知能 #programing #プログラミング #AI #パズル #デジタルアート #デジタルイラスト #脳トレ #頭の体操 #教育 #educational #education #頭脳活性化 #知育 #教育 #幼稚園 #保育園 #こども園 #kindergarten
 

2020年5月分迷路をまとめて無料ダウンロード

 

考える力をみがく、プログラミング教室の先生が書いた本