BLOG

ゲームの教育的効果/表示画面の遅延って何だ?PS2(Platstation2)HDMI変換アダプタ

2020/10/09
ロゴ

新型コロナ禍で、外出することが減り、懐かしさもあいまって、Playstation2を引っ張り出してきて、ゲームを始めました。きっかけの1つは、手元にあるゲームソフト、クリアしったけ?というもの。初めは、Final Fantasy7、続いて8,9、10,10-2とプレイしてきたのですが、結果的には、すべてクリアしていました。人の記憶はあいまいですね。

 

ただ、当時のゲームソフト、クリアするのにも時間がかかりますが、ゲームは1時間まで!とか言われても、これは無理ですね。ラスボス倒すのに3時間って、どういうことだ。完全にそういう時間の使い方ができる人向けのゲームですね。しかし、クリアした記憶があるというのはどういうことだろう、そんな時間を過ごした記憶がない。クリアしていた記憶があいまい。後ろめたい気持ちでゲームをやっていたのかもしれませんね。人は、都合の悪いことを忘れていく生き物ですから。

 

しかし、何だか、後ろめたい気持ちで物事に取り組むと、性格が陰湿で卑屈になりそうな気がします。今回、あらためてプレイしたのですが、Final Fantasyシリーズのバトルシステムなど、正確に理解しないと、とてもクリアできません。理解できるというのは自分の能力の高さであり、最初理解できなくても、理解しようとすることは、問題解決ための意欲につながります。ストーリーを理解するうえでも相当の文字を読みます。そういう意味では、教育的効果は高いのではないかと私は感じています。

 

最近ではマインクラフトというゲームが流行っています。パソコンやタブレットの画面内に広がる3次元空間を自由に動き回れます。動き回ることを制限されたような人たちからすれば、羽が生えたような気持になるでしょうね。場合によっては現実とのギャップに苦しむかもしれませんし、それを乗り越えることが生きることかもしれません。しかし、マインクラフトの世界で、ビジネスが成り立てば、動くことを制限されたような人たちにも健常者と同じ位置に立つことができます。ぜひそうなって欲しいと思います。

 

さて、PS2(Playstaition2)の話に戻りますが、以前、画面キャプチャにUSBで接続するようなツールを使えば良いと言いましたが、すみません、情報としては不正確でした。何と、そういったツールを通すことで画面表示の遅延が起こるのです。考えてみれば、パソコンに表示させるために電気信号に処理を施すのですから、そのための時間がかかります。検索したページで見たところによれば、3/60秒の遅れだそうです。PS2では、おそらく1フレーム1/30秒だと思います。アニメセル画で言えば、1フレームはセル画1枚、その表示時間が1/30秒というわけです。

 

何だ、3/60なら、大したことないじゃない。と私は思いました。事実、Final Fantasyシリーズをプレイしていたときに、何だか操作性が悪いなと思いながらも、クリアしたのですから、ロールプレイングゲームであれば、問題はないのです。問題が発覚したのは、Kingdom Heartsをプレイし始めたときでした。どうも感覚がズレるのです。キャラクターを操作するにも、右に左にとあからさまに蛇行するのです。それほどに、コントローラーからの入力が機敏な反応を示さなければ、ゲームプレーヤーの満足度を満たすことはありません。eスポーツ会場など、1/60の遅延も無いように設営されているのでしょうか。想像しただけでも大変そうです。

 

で、PS2の表示画面対策ですが、数々あるHDMIへの出力アダプタケーブルの中で、5000円ぐらいのものを購入しました。パソコン用ディスプレイにも無事に表示でき、快適なゲーム時間を過ごしております。

 

私が購入したPS2用HDMI変換アダプタケーブルはアメーバブログで紹介しております。

https://ameblo.jp/g-am-era/entry-12630495930.html